<< 本番まであと1カ月を切った、音楽の広場の練習が行われました! | main | 祝!韮山反射炉世界遺産登録決定! >>

精神科医が語る徳川家康とは?しずおかの文化講演会「精神科医が診る徳川家康の心」開催しました!

本日、精神科医の南條幸弘氏をお迎えして、グランシップしずおかの文化講演会「精神科医が診る徳川家康の心」を開催しました。雨の降る中、多くのお客様にご来場いただきました。

南條氏は、5月末に発行された「しずおかの文化新書19『家康その一言〜精神科医がその心の軌跡を辿る〜』」の著者で、ご自身のブログ「神経質礼賛」では神経質な性格の方へエールを送っています。

第一部は徳川家康の生涯を解説。動乱の時代を生きた家康が直面した様々な出来事をスライドを見ながら追っていきました。
危機の連続の中で、家康は神経質性格者の特徴である慎重さと、時に大胆に行動に出るという二面性を発揮して天下を取ったことがわかりました。




第二部では、今回の講演会のコーディネーターであり「しずおかの文化新書」編集長の八木洋行さんとのトークセッション。
笑いの起こる朗らかな雰囲気の中、参加者の方からもたくさんのご質問をいただきました。


織田信長や豊臣秀吉との比較や、家康同様神経質だったという二代将軍秀忠、三代将軍家光など、家康のみならず様々な人物のエピソードが飛び出すトークセッションでした。
偉人らしからぬ(?)言動も紹介され、人間らしい家康公の一面に触れることができた講演会となりました。

グランシップでは、徳川家康公顕彰四百年記念の連続講座「静岡×徳川時代(全8回)」も申込受付中です。
徳川時代の文化・芸術を毎回違った視点で取り上げるこちらの講座、次回7月11日(土)のテーマは「能と静岡〜徳川家と能楽 観世家」です。第一線で活躍する能楽師・山階彌右衛門さんに実演を交えてお話いただきます。こちらもどうぞご参加ください。











 


- : 20:54 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link