<< 6月13日(土)「グランシップ 親子で楽しむロビーコンサート」を開催しました。 | main | 

6/27(土)グランシップ文化講座「 AI 」開催しました。

本来であれば、3/22(日)に開催を予定していた本講座。

新型コロナウイルス感染症の影響で、開催を延期し、ようやく本日、6/27(土)グランシップ文化講座「 AI 」を開催できました。

 

開催にあたり様々な対策を講じて、講師のお二人は、今回、オンラインでの出演となりました。

 

午前の部の、合原 一幸先生より「AIと脳」についての講義です。

みなさんが今、一番興味を持っていると言っても過言ではない、新型コロナウイルスの感染者数を予測した数理モデルの例などを用いて、”数理モデルから現実の問題に取り組む”ということから、お話が始まりました。

 

講義のあとは、ざっくばらんな質問タイムに。

質問タイムでは、講師二人に登場いただき、参加者のみなさんの疑問にお答えいただきました。

「AIの弱点は?」という質問には、

要素や操作等のフレームを設定できないもの、閉じていない問題には対応が難しいというお答え。

例えると、高速道路を自動運転していたとして、突然の雨、雷、鹿などの動物が飛び出してくるという現象について、人間は起きたことについて対処できますが、AIは、想定の外側で発生するその問題については、対応が難しい、ということです。

 

また、「AIを支えるには多くのデータが必要だと思います。その管理等はどうされていますか?」という質問もありました。

ディープラーニングには、学習させるための膨大なデータであるビッグデータが必要です。

例として、人間のこどもに、「にゃーにゃーとわんわんの違い」を教えるときは、スモールデータでその違いが分かってきます。

AIと人間の脳はそういった部分でも、大きく違っていることなどがわかりました。

 

午後の部は、三宅 陽一郎先生による「デジタルゲームと人工知能」の講義です。

実際にゲームの中のモンスターがAIによって動いている様子の動画などを交えながらお話いただきました。

 

実は、合原先生の大ファンだったとおっしゃる三宅先生。

合原先生も、ゲームの世界で、こんなにもヒューマンインテリジェンスとAIが両立していることに、驚いたとおっしゃっていました。

グランシップとしては、初めての講師オンライン出演の講座でしたが、今後、コロナ時代の新たな展開を模索する上で、一つの大きな糧となりました。

グランシップ文化講座は、今後もテーマを変えて開催してまいりますので、ぜひご注目ください。

 



- : 18:35 : comments(0) : - :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link