<< 御殿場南小学校で「触れてみよう能楽師」を実施しました。 | main | 「グランシップ あおぞらコンサート」を開催しました。 >>

2/2(日)グランシップ中ホール・大地で「音楽の宝島コンサート」を開催しました。

2月2日(日)、グランシップ中ホール・大地で「音楽の宝島コンサート」を開催しました。

このコンサートは来場される多くの方に安心して楽しんでもらえるよう、要約筆記や看護師の配備など、様々な鑑賞サポートのもとで行われました。


出演者はグランシップアウトリーチ登録アーティストの漆畑孝亮さん(オーボエ)と池谷隼人さん(サクソフォン)によるデュオ『L’amen』と、小林摩湖さん(ピアノ)。日本の童謡メドレーからクラシック音楽まで、ピアノ・オーボエ・サクソフォンの素敵なハーモニーを披露してくださいました。

 

入場時、受付では来場者の方にケミカルライトを配布。何に使うのかはコンサート終盤までのお楽しみ!

コンサートの始まりは、楽しく元気が出る曲調の「仔象の行進」。
出演者が楽器を演奏しながら客席内を歩きました。間近での演奏に、皆さん興味津々。

楽器の音色がまるで人の笑い声のように聴こえるという、ユーモア溢れる曲「サックス・オ・フーン」や、せつなさと明るさを併せ持つロマン派の名曲、メンデルスゾーン作曲の「ピアノ三重奏曲 第1番第1楽章」など、多彩な楽曲を演奏。
池谷さん編曲の「日本の童謡メドレー」では、スクリーンに映し出された歌詞を見ながら、懐かしそうに口ずさんでいる方も。
 
また、コンサートの合間には演奏で使用した楽器の紹介も。写真を使って丁寧に解説してくれました。


最後の曲「花のワルツ」では、受付で配布したケミカルライトを指揮棒に見立て、来場者の皆さんに指揮者になってもらいました。色とりどりの光がゆらゆらと揺れる様子は、まるで本物のお花畑のよう。たくさんの子どもたちがステージ前に集まって、元気よく腕を振ってくれました。
車椅子の方や、小さな子どもたちからご年配の方まで、皆さんに気兼ねなく楽しんでいただける素敵なコンサートとなりました。


文:令和元年度静岡県公立ホール連携支援研修事業 研修生 鈴木美香(公益財団法人浜松市文化振興財団)
写真:グランシップ撮影サポーター 鈴木勇樹



- : 14:33 : comments(0) : - :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link