<< 「グランシップ世界のこども劇場」開催しました! | main | 

「伝統芸能こどもサミット」を初めて開催しました!

静岡県文化プログラムとして9/22に開催される第2回目の「ふじのくに伝統芸能フェスティバル」の関連企画として、この夏はじめて「伝統芸能こどもサミット」を開催しました。
各地域で脈々と受け継がれている伝統芸能や民俗芸能はその土地に暮らすみなさんが大人からこどもたちへと伝え、芸能が受け継がれています。
今回のサミットには、県内から10団体、大阪から1団体、総勢31名が集まりました。日頃取り組んでいる芸能は、地域によって様々。町内で活動していることもあれば、学校単位で取り組んでいるという団体もあります。普段は自分たち以外の芸能に触れる機会は少ないかもしれませんが、グランシップに集まることで他の地域の活動を知る機会になりました。

 

会場は、国際会議も実施できるグランシップの会議ホール。

円卓のテーブルに一人ずつ座ります。はじめての場所に少し緊張気味の子も。
サミットに必要な議長は、横尾歌舞伎保存会の戸田なつみさんが務めました。こどもたちのフォローには、静岡大学と常葉大学の学生が入りました。

まずは、緊張をほぐすために能楽師の長谷川晴彦さんによる謡のお稽古。


長谷川さんは掛川市の出身で子どものころには参加したみなさんと同じように、地域のお祭りに参加していたとのこと。

 

身体を動かした後は、4つのグループに分かれて分科会に。


芸能に触れたきっかけ、楽しいことや苦労していること、これからの目標などをそれぞれ話し合いました。この日初めて顔を合わせたばかりでも、楽しいことや苦労していることなどは共感できることも多く、グループのメンバーとはすぐに仲良く話し合っている様子が印象的でした。
高校生のグループでは、パフォーマンスを披露している場面も見られて、世代に応じて充実した話し合いが行われました。


最後には、各グループで目標を定め、全体会議で発表。全体会議では、それぞれが各芸能の衣装に着替えて、分科会の様子を紹介しました。


最後にはみんなの決めたスローガンを認識し、議長の宣言によってサミットが閉幕。


今回、周囲で見ていた大人たちも、こどもたちの真剣な表情や将来を見据えた目標に改めて地域の芸能を伝えていく使命を感じていた様子でした。
少子化など、様々な要因によって芸能を伝えていくことが難しくなることもありますが、他の地域での成功事例などを知ることで、各地域の問題解決にもつながるきっかけになればと思います。

 


9/22には、第2回目の「ふじのくに伝統芸能フェスティバル」が行われ、県内各地の団体の実演と芸能の継承事例を紹介します。


今回のサミットの様子も紹介しますので、是非ご参加ください。
詳しい内容や申し込み方法は、ホームページからどうぞ。
https://www.granship.or.jp/event/detail/2363



こどもイベント : 10:20 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link