<< 5/11(土)・12(日)「グランシップトレインフェスタ2019」を開催しました。 | main | 

焼津西小学校と富士宮市立大宮小学校で「講談教室」を開催しました!

グランシップでは、県内各地のみなさんに上質な文化芸術を鑑賞・体験する機会を多く持っていただけるよう、多様な形態で各地の学校においてアウトリーチ活動を実施しています。
6/6には焼津西小学校で、6/7は富士宮市立大宮小学校で「グランシップ子どもアート体験!学校プログラム 講談教室」を開催しました。

講談師の宝井琴星さんと宝井琴柑さんを講師に迎え、日本の伝統芸能を紹介。
はじめは、「講談」ってどんな芸?、どのような道具を使うの?などと講談という話芸について説明。

高座の座布団の置き方について、理由も合わせて琴柑さんが教えてくれました。


落語は知っていても、講談というものはあまり聞いたことが無い様子。

張扇や釈台は、講談ならではの道具として紹介しました。張扇でパンパン!と叩く音にはじめはびっくりしていましたが、その心地よい音とリズムに惹かれていきました。
この講談教室は、聞くだけでなく、一緒に参加するプログラム。講師の先生の真似をしながらテキストを大きな声で読みました。

(焼津西小)

「東海道往来」や「水戸黄門」など、日本語ならではの七五調のリズムで、みなさんスラスラと読むことができていました。

 

そのあとには、実際に舞台に上がり、張扇を使って講談師の気分!

(大宮小)

 

先生方も子どもたちに負けじと舞台へ!先生が登場すると、子どもたちからは「待ってました!」「たっぷり!」の掛け声も!

(大宮小)

先生の黄門様は、迫力満点!

(大宮小)

 

最後には、琴星先生の本物の講談を聴き、その迫力とテンポに魅了されていた様子でした。日本の話芸は、話を聞きながら想像して楽しむ芸能。

 

終了後には、講談師についての質問も飛び交い、あっという間の2時間となりました。

次回は7月に本川根小学校で開催します。本川根小学校のみなさんもお楽しみに!

 

 



落語・講談・浪曲 : 20:08 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link