<< 10/28(日)しずおか連詩の会 in 浜松 レポート! | main | 聖光学院中学校の大石さんが職業体験に来てくれました。 >>

日本の話芸「講談」に小学生がチャレンジしました!

グランシップのオリジナル事業として長年取り組んでいる「講談教室」。

日本の話芸である講談を体験してもらい、リズムよく大きな声を出すことで言葉の楽しさ、話芸の面白さを知ってもらう機会です。

毎年県内の様々な小学校で「講談教室」を行っていますが、今回は富士市立富士川第一小学校、御殿場市立御殿場南小学校で行いました。

 

まずは講師を務める宝井琴星先生と宝井琴柑さんが登場。

最初に「講談」という芸能について簡単に紹介しました。

小学生のみなさんだけでなく、先生もなかなか講談を知っている方はいません。

 

寄席でおなじみの”めくり”について説明したり、

芸人には欠かせない座布団の置き方についても、大切な理由を含めて教えてもらいました。

 

その後、さっそくみんなで声を出して体験。

はじめは資料を読むことだけに集中していましたが、そこには講談ならではのリズム感や店舗があることを掴み、それに伴って声もどんどん出てくるようになりました。

そして、壇上に上がって張扇を叩きながらみんなの前でも披露。

 

最後には、琴星先生の本物の講談を聞きました。

徳川家康の家来である村越茂助という人物のおはなし。

6年生は歴史の勉強をしていることもあって、楽しんでいる様子でした。

 

最近は、動画や写真で情報を吸収する機会が多いですが、講談や落語のように、耳から聞こえるお話で状況を想像して物語を楽しむのも大切なこと。

 

11月下旬には、河津町立河津西小学校でも行います。

河津西小学校のみなさんもお楽しみに!



落語・講談・浪曲 : 14:11 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link