<< 1/19(金)「村治佳織ギターリサイタル ラプソディー・ジャパン」を開催しました。 | main | 【グランシップ出前公演/御殿場】「人形浄瑠璃 文楽」事前レクチャーを開催しました! >>

d-labo静岡にて、「宝生流第二十代宗家・宝生和英が描く能楽の未来」を開催!

グランシップとd-labo静岡様とのタイアップセミナーとして、1/26(金)に「宝生流第二十代宗家・宝生和英が描く能楽の未来」と題して、宝生流宗家の宝生和英さんと、翌日にグランシップで開催する「グランシップ静岡能」の舞台美術を演出した華道家・辻雄基さんのトークイベントを開催しました。

 

宝生宗家のご登場ということで、お申し込み者も多数で満席。

 

まず、宝生和英さんがご自身の紹介と、現在の活動を写真を見せながら紹介してくださいました。

5歳の初舞台では、なんと眠ってしまったというエピソードが!

 

現在は、イタリアや香港などでも能楽の普及にあたられていて、現地の学生や子どもたちにも能楽に触れてもらう機会を多く作っているとのこと。

能楽は、戦国武士が戦の前に見たと言われている事から、本来はエンタメ要素ではなく、心身を落ち着かせ、人々の内にある力を引き出すための要素が強いのではないかと仰っていました。

よって、能楽師はいわゆる俳優とは異なり、「演じる」という気持ちではないということでした。自身を何かの役に仕立てて誇張して見せたりするのではないということ。

 

現代の私たちは、舞台と客席という環境から無意識に他の演劇やパフォーマンスと同じ感覚で鑑賞しがちでしたが、今回のお話を聞いて、能楽に対する視野や考え方が少し広がったように思います。

少し深いお話でしたが、和英さんの分かりやすいお話に会場のみなさんは惹きこまれていました。

 

能楽の根源をとても大切にされている和英さんですが、もちろん新しい取り組みにも挑戦し、東京スカイツリーの5周年イベントでは、光を使ったパフォーマンスをされています。

これには数千人もの多くの方が来場されたということ。

 

後半は、華道家の辻雄基さんが、日本の四季を大切にしながらいけばなに取り組まれていて、豊かな日本の四季や環境ならではの空間の素晴らしさをお話しました。

 

このお二人のそれぞれの個性や能力を合わせてごらんいただける「グランシップ静岡能」。

今回だけの舞台演出で特別な空間になっています。

 

1/27(土)「グランシップ静岡能」に当日券は13:00より会場前で販売。

是非ごらんください。詳しくは下記よりどうぞ。

http://www.granship.or.jp/event/detail/1724



能・能楽 : 09:08 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link