<< 今週末開催!11/18(土)「グランシップオープンシアターデー」の歩き方 | main | 焼津市立黒石小学校の6年生が狂言を鑑賞! >>

11/18(土)グランシップオープンシアターデーを開催しました。

11月18日(土)、グランシップから日頃の感謝の気持ちを込めて、「グランシップオープンシアターデー」を開催しました。

お天気はあいにくの雨でしたが、多くのお客様にご来場いただきました。

 

オープニングのクリスマスツリーおひろめ会では、制作を担当した静岡大学教育学部川原ゼミの斎藤沙都さんから今年のツリーをご紹介。「海の贈り物」をテーマに、貝殻やヒトデのほか、海を流れて誰かのもとへたどりつく贈り物としてボトルに入ったプレゼントがオーナメントとなっています。また、焼津漁協提供のガラスの浮き球や県内の海岸で集めた流木といった地元の素材も使われています。

 

当日はツリーのそばに写真撮影を楽しくするグッズも用意。

大ホール・海の楽器体験コーナーでは、オーケストラで使用される楽器13種類が勢揃い。静岡フィルハーモニー管弦楽団の楽団員の皆さんが楽器の使い方を優しくレクチャー。

中ホール・大地では、普段から技術スタッフが使っている本物の音響・照明・映像機材に触れられる「舞台のお仕事体験」を行いました。ステージ上では静岡県立島田工業高校情報技術科の皆さんによる、背景と人物の映像を合成する「バーチャルスタジオ体験」も。

今回のオープンシアターデーではグランシップの様々な場所でコンサートを行いました。

中ホール・大地ではグランシップ登録アーティストによるピアノ演奏と朗読のステージ。

ツリーの下のミニコンサートでは、静岡フィルハーモニー管弦楽団のメンバー「つま恋クインテット」と「ファゴット・カルテット」が登場。クラシックの名曲やクリスマスソングの他、子供たちの大好きなアニメの曲などを披露しました。

大ホール・海の「指揮者体験コーナー」では、福田一雄マエストロと一緒にオーケストラを指揮!指揮棒をゆっくり振ると音楽もゆっくり、弱く振ると音がどんどん小さくなり、指揮者の役割の大切さを知ることができました。

たんけんツアーでは普段入ることのできない舞台の裏側を歩いて回りました。グランシップで働くスタッフによる解説も。

6階では紙のクリスマスツリーや写真撮影が楽しくなるフレーム等の手作りを楽しめるワークショップを開催。雑貨やお菓子を販売するクリスマスマルシェも登場しました。

 

グランシップサポーターによる映画会では「駅馬車」と「チャーリーとチョコレート工場」を上映。

会場内では懐かしい名作映画や上映作品に関する資料を展示しました。

様々なイベントに参加して、館内を楽しみながら巡るオープンシアターデーをきっかけに、グランシップが県民の皆さまにとってより身近な存在になれればと思います。

 

クリスマスツリーは12月25日(月)まで1階エントランスに展示中です。

クリスマス期間中、グランシップでは、2階えほんのひろばでのクリスマスの絵本の展示、1階レストラン「GRAN TERRACE」ではクリスマススペシャルメニューも近日中にスタート予定です。

また、グランシップ撮影サポーターによる「グランシップの記録〜グランシップサポーター記録写真で振り返る〜」は3階共通ロビーにて1月6日(土)まで開催しております。

この期間中にぜひ一度グランシップへお越しください。

 

写真:グランシップ撮影サポーター 杉山美矢子、横田川毅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



- : 21:34 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link