<< 9/22(金)「小曽根真とNo Name Horsesメンバーによるジャズ講座」を開催しました。 | main | 「グランシップ懐かしの映画会」上映作品をご紹介!【前編】 >>

「人形浄瑠璃 文楽」(桂川連理柵・曽根崎心中)を開催しました!

3連休の初日10/7(土)に恒例の「人形浄瑠璃 文楽」の公演を開催しました。
今回は、昼の部、夜の部とも世話物の名作ということもあり、昼夜ともにたくさんのお客様がご来場してくださいました。

ロビーでは、かわいらしい人形がお客様をお出迎え。


人形と一緒に写真を撮ることができる貴重な機会ということで、みなさん楽しみに順番をまっているようでした。

 

昼の部は、14歳の可憐なお半と長右衛門を巡る周囲の人々、夫婦、親子の情愛に苦悩する「桂川連理柵」。

 

夜の部は、近松門左衛門の名作「曽根崎心中」を上演しました。


美しい遊女お初と徳兵衛の心通わす場面には、人形と思えない情感が表現され、会場全体が感動に包まれました。


今回はお天気も良く、お着物でご来場のかたも多くいらっしゃいました。先着でプレゼントをご用意させていただきましたが、
会場全体が華やかな雰囲気になって、みなさん楽しんでいらっしゃる様子が見受けられました。

 

また、昼の部と夜の部の間の時間には、「わかる!文楽入門講座」と題して、公演に出演している豊竹咲甫太夫さんと三味線・鶴澤清治さんの太夫と三味線の解説も行いました。

会場があふれるほどのお客様で、みなさん熱心に聞かれていました。舞台を観るだけではわからない、文楽技芸員のみなさんが使っている道具や工夫、芸に対する姿勢を垣間見ることができる貴重な機会となりました。


県内では、鑑賞できる機会があまり多くない文楽ですが、グランシップでの上演が恒例となっていて、文楽ファンも年々増えています。
次回は、御殿場市民会館での出前公演を2018年3月に開催。
今回鑑賞できなかったみなさんも、もう一度観たいみなさんも、是非ご来場くださいね。

 



- : 11:01 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link