<< ショーウインドウ展示中の作家さんよりメッセージをいただきました | main | オーケストラ塾「朴久玲が語り弾く、チャイコフスキーの叙情」を開催しました! >>

「山川静夫のここがみどころ・ききどころ〜文楽人形遣いにせまる〜」を開催しました!

静岡市出身の元NHKアナウンサー山川静夫さんは、歌舞伎や文楽に造詣が深く、今でも伝統芸能に関する様々な本を書かれています。グランシップでは毎年、山川さんに文楽の楽しみ方やその年に上演する演目のあらすじなどを楽しく解説してくれる事前レクチャーを開催しています。

今年も人形遣いの吉田一輔さんをゲストに迎え、山川さんの楽しいお話を聞くことができました。

登場時には、人形がお客様に握手をしながらごあいさつ。

美しい人形に、みなさん笑顔。

人形の仕組みを解説した場面では、着物を付けない状態で人形を遣って3人の人形遣いの動き、人形の仕組みをみることができました。

人形はシンプルな構造ではありますが、舞台では人間らしい動きやしぐさで観客を魅了します。

女性の人形は、男性の人形と作りが異なり、足遣いの動きも変わってきます。

 

また、今回は特別に文楽座のみなさんが、普段の舞台に臨む前にどんな事をしているのか、楽屋での様子の一部を写真で紹介。

人形遣いのみなさんは、当日使用する人形の着物はご自身で縫っていきます。

若いお弟子さんは早く楽屋入りして、師匠の着物の準備なども行います。

普段見ることのできない、貴重なものを見せていただきました。

文楽座のみなさんが、長い修行をしながら伝統芸能を守り、継承している事を感じられる一場面でした。

 

最後には、人形遣いのみなさんによる実演を鑑賞。美しいしぐさや動きにうっとり。

 

終演後には、山川静夫さんの最新刊をご購入の方にサイン会を実施。

 

驚きと感動のため息が何度も聞こえる事前レクチャーでした。

次は是非、生の文楽をグランシップでお楽しみくださいね!

 

10/7(土)「人形浄瑠璃 文楽」

昼の部13:30〜/夜の部18:00〜

チケットの購入、詳しい内容はこちらから↓

http://www.granship.or.jp/event/detail/1722

 



文楽 : 09:37 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link