<< アントニオ・ザンブージョについて、音楽評論家の渡辺亨さんよりコメントをいただきました。 | main | 6/17(土)「音楽の広場2017」オーケストラ・合唱練習。マエストロ広上淳一さんが登場! >>

静岡大学にて翻訳家&演劇評論家・松岡和子さんの講演会が開催されました!

グランシップで毎年開催している「子供のためのシェイクスピアシリーズ」。
7/30の開催を前に、数々のシェイクスピア作品の翻訳で知られ、劇作家でもある松岡和子さんをお招きし、静岡大学で「シェイクスピアの翻訳と舞台」と題してお話しをしていただきました。


シェイクスピアがどの時代にどのような作品を生み出していたか、喜劇が多かった時期、悲劇のほとんどを制作していた時代など、時代ごとにも捉える事ができました。
今回グランシップで上演される「リア王」の、英文での単語の使い方、他の作品に比べて「know」という動詞の使われ方の特徴など翻訳家ならではのお話しでとても興味深い内容となりました。


とは言っても「子供のためのシェイクスピアシリーズ」は、そのようなちょっと難しい事は考えずに、誰でもストーリーが分かりやすく楽しめる舞台となっています。
テレビや映像だけで触れるのではなく、生の舞台で役者が演じるエネルギーを感じる特別な経験は、きっと子どもたちの心に残ることでしょう。是非グランシップへご来場くださいね。

 

7/30(日)14:00開演
「子供のためのシェイクスピア『リア王』」
チケットは現在発売中。詳しくはこちらから。

http://www.granship.or.jp/event/detail/1719



演劇 : 16:10 : comments(0) : trackbacks(0) :

スポンサーサイト



- : : - : - :
Comment






Trackback

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link