静岡大学にて翻訳家&演劇評論家・松岡和子さんの講演会が開催されました!

グランシップで毎年開催している「子供のためのシェイクスピアシリーズ」。
7/30の開催を前に、数々のシェイクスピア作品の翻訳で知られ、劇作家でもある松岡和子さんをお招きし、静岡大学で「シェイクスピアの翻訳と舞台」と題してお話しをしていただきました。


シェイクスピアがどの時代にどのような作品を生み出していたか、喜劇が多かった時期、悲劇のほとんどを制作していた時代など、時代ごとにも捉える事ができました。
今回グランシップで上演される「リア王」の、英文での単語の使い方、他の作品に比べて「know」という動詞の使われ方の特徴など翻訳家ならではのお話しでとても興味深い内容となりました。


とは言っても「子供のためのシェイクスピアシリーズ」は、そのようなちょっと難しい事は考えずに、誰でもストーリーが分かりやすく楽しめる舞台となっています。
テレビや映像だけで触れるのではなく、生の舞台で役者が演じるエネルギーを感じる特別な経験は、きっと子どもたちの心に残ることでしょう。是非グランシップへご来場くださいね。

 

7/30(日)14:00開演
「子供のためのシェイクスピア『リア王』」
チケットは現在発売中。詳しくはこちらから。

http://www.granship.or.jp/event/detail/1719



演劇 : 16:10 : comments(0) : trackbacks(0) :

子供のためのシェイクスピア『オセロー』を開催しました。

多くの学校で夏休みに入り、7月最後の日曜日に「子供のためのシェイクスピア『オセロー』」を中ホール・大地にて上演しました。

小学生から大人まで幅広い層に人気の本シリーズ。

今回も、ロビーではこれまでの「子供のためのシェイクスピア」シリーズで実際に使用された衣裳の展示試着コーナーをご用意しました。

大人も、子どもも、シェイクスピア作品の登場人物になった気分で楽しく写真撮影していました。

 

もちろん「オセロー」の作品もご来場にみなさんにお楽しみいただいた様子でした。

俳優たちの迫真の演技を生の舞台で触れるという事は、子どもたちにとってもこの夏の思い出になったことと思います。

シェイクスピア作品を子どもでも楽しめるように作られたこの舞台。

シリーズ開始のときは子どもだった人が、今は大人になって継続的に鑑賞してくれている様子も見受けられます。

 

来年も、グランシップで上演できよう、準備を進めていきます。

お楽しみに。

 

 



演劇 : 14:23 : comments(0) : trackbacks(0) :

静岡大学にて「翻訳家・松岡和子が語るシェイクスピアの翻訳と舞台」を実施しました!

グランシップ恒例「子供のためのシェイクスピア」シリーズの開催を前に、翻訳家・演劇評論家の松岡和子さんをお招きし、静岡大学にて、講演会を実施しました。

 

今回で4年目となるこの授業。今年も人文社会科学部の学生を対象に行いましたが、教室が超満席になるほど多くの学生さんにお集まりいただきました。

今年は、シェイクスピア没後400年(1564-1616)という記念の年。

数々のシェイクスピア作品に取り組まれていた演出家・蜷川幸雄さんの作品の翻訳をされている松岡先生のお話は、とても分かりやすく、興味深いお話でした。

 

グランシップで開催する「子供のためのシェイクスピア」の「オセロー」にちなんで、ムーア人とはどの系統の黒人なのか、学者によって見識が異なっていることや、“嫉妬”によって引き起こされた悲劇のからくりなど、興味を惹きつけられるような数々のお話を聞かせていただきました。

また、翻訳家としての御苦労や、どのように作業を進めるかなど、ひとつの作品を翻訳するまでにかかる労力は計り知れないものだということを感じることができました。

 

次は、是非舞台でお楽しみください。

7/31(日)「子供のためのシェイクスピア『オセロー』」

http://www.granship.or.jp/event/detail/1424

 

 

 



演劇 : 19:48 : comments(0) : trackbacks(0) :

今年は、劇作家・シェイクスピアの没後400年。

2016年の今年は、世界中で愛されている劇作家・シェイクスピアの没後400年の年。1616年に52歳で無くなったシェイクスピアは、今EU離脱問題で話題(!)の、イングランドで生まれました。
1616年という年は、日本では徳川家康が同じ年に亡くなっています。共に歴史に残る人物で、同じ時代に生きていたことを想像すると不思議ですね。
シェイクスピアの作品は、これまで数々の演劇作品として上演され、日本でも明治〜大正時代の坪内逍遥から、現代まで様々な翻訳家によって様々な表現で翻訳されています。
400年以上にわたり、世界中で上演されつづけているその魅力とはいったいどんな事なのでしょうか。
翻訳もさることながら、シェイクスピアについては数々の研究書も発行され、その普遍性とミステリアスさが様々な解釈を生んでいるのということも大きなポイントかもしれません。

 

シェイクスピア作品は複雑で難しいという事も言われますが、毎年夏休み恒例としてグランシップで開催している“子供のためのシェイクスピアシリーズ”では、「シェイクスピアは難しくない、面白い作品だから、子どもたちも劇場へ!」という想いのもと、丁寧に創られている演劇です。

 

今年は、四大悲劇の「オセロー」を上演。

悲劇と言いつつも、時折客席から笑い声が聞こえてくるのが、このシリーズの特徴。
俳優たちのコミカルな動きや想像力を掻き立てる舞台演出など、一度観ると魅了される方も多くいらっしゃいます。最初に観たときには、子どもだった方が大人になり、親となって子どもと一緒に楽しむ方も。
もちろん大人のファンも多いため、大人ペア券をご用意しています。

この夏は、大人もこどももはじめて演劇に触れてみてはいかがでしょうか。

 

7/31(日)子供のためのシェイクスピア「オセロー」
チケット発売中!是非前の方の席でどうぞ。

http://www.granship.or.jp/event/detail/1424

 

 

 



演劇 : 11:43 : comments(0) : trackbacks(0) :

静岡大学で翻訳家・松岡和子さんの講演会を開催しました!

毎年グランシップで開催している「子供のためのシェイクスピア」シリーズですが、今年は改修工事のための休館のため静岡公演はお休みとなりました。
しかし!7/2の横浜公演からツアーはスタートしています!
スケジュールはこちら

しかも、2014年はシェイクスピア生誕450年、「子供のためのシェイクスピアカンパニー」が20年という大変おめでたい年。
静岡公演はできませんでしたが、やはりこのシリーズのファンのためにも静岡で紹介する機会を設けたいと、昨年に引き続き、静岡大学で講演会を実施することになりました。
講師は、翻訳家として大変有名な松岡和子さん。世界的演出家・蜷川幸雄さんの作品でもご活躍されています。


今回の講演会は、人文学部言語文化学科の授業の一環でもあり、また学生以外の一般の方も自由に参加できる機会となり、
会場いっぱいにたくさんの方が集まりました。


翻訳のお話から、蜷川作品の「じゃじゃ馬馴らし」のお芝居のメイキングビデオも上映。
俳優さんたちの稽古の様子、お芝居をみんなで創り上げていく情熱とパワーが伝わりました。
他にも、衣裳や大道具、音楽など作品に関わる多くの人たちのチカラでひとつの作品が生みだされていました。
翻訳については、稽古が始まってから訳しなおすということもあるそうです。

いろいろなお話を聞いてあっという間に時間が過ぎてしまいましたが、最後には学生の皆さんからの質問にも丁寧に回答していただきました。
翻訳のために、普段から興味深い言葉や言い回しをメモしている爛優芯”もあるそうです。
いつか使いたいと思っていた言葉がぴったりとくる翻訳、大変興味深いですね。


「子供のためのシェイクスピアシリーズ」、今年は誰もが耳にしたことのある「ハムレット」です。
(一番右のブルーのチラシ)


9月まで全国各地で上演されますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。
詳しくはこちらをごらんください。
http://kodomohamlet.jimdo.com/

グランシップでは、改修工事による休館期間中も県内各地で、様々な公演を展開しています。
ぜひお近くでの開催の際にはご来場くださいね!
http://www.granship.or.jp/audience/granship_event.php


 


演劇 : 10:02 : comments(0) : trackbacks(0) :

翻訳家 松岡和子さんが静岡で講演会を実施!

 お芝居が好きな方や、英米文学がお好きな方ならだれもがご存じの翻訳家で演劇評論家の松岡和子さん。
今回、グランシップで7/28(日)に上演される「子供のためのシェイクスピア『ジュリアス・シーザー』」のプレイベントとして、静岡大学でトークショーを実施します。

シェイクスピア作品の全作の新訳に取り組んでらっしゃる松岡さん。
『ジュリアス・シーザー』の演劇を観るにあたり、翻訳家のお話を聞いてからというのも、ちょっとインテリジェンスに富んだ感じがしますね!

日時:2013年6月27日(木) 14:30〜16:00
会場:静岡大学 静岡キャンパス共通A棟402教室
入場無料 ※予約不要
(主催:静岡大学人文社会学部言語文化学科)

静岡では貴重な機会です。入場無料で予約不要とは!
是非ご来場くださいね。


もちろん、7/28(日)の本公演のチケットも絶賛発売中です!
http://www.granship.or.jp/audience/event.php?id=677





演劇 : 17:35 : comments(0) : trackbacks(0) :

「お気に召すまま」俳優陣、下田の小学校へ!

 8月29日(日)にグランシップで開催される、「子供のためのシェイクスピア『お気に召すまま』」に出演の俳優3名が、下田の小学校でワークショップを行いました!




続きを読む >>
演劇 : 11:40 : comments(0) : - :

100%ORANGEさん デザイン

梅雨のシーズン真っ只中ですが、あと1ヶ月ほどでみんなの大好きな夏休みがやってきます。
夏は「グランシップサマーフェスティバル」と題して、いろいろなイベントを開催します!
オトクに楽しめる期間限定の回数券もありますので、そろそろ夏休みの計画を考えてみるのはいかがでしょうか?

そんないろいろなイベント盛りだくさんの夏休み、8月最後の日曜日に開催するのはこちら。



続きを読む >>
演劇 : 18:09 : comments(0) : - :

「マクベス」出演者による演劇ワークショップ開催!

いよいよ明日9月5日(土)は、


「子供のためのシェイクスピア『マクベス』」

の公演日です!

楽しみですね〜!


そしてなんと本日は、マクベス出演俳優の3名が、

静岡県の小学校にやってきました!!

 



続きを読む >>
演劇 : 23:52 : comments(0) : trackbacks(0) :

「マクベス」出演者が静岡にやって来た!

静岡駅も、普段の何倍もの人で賑わっていたお盆の8月15日(土)、


9月5日開催の

「子供のためのシェイクスピア『マクベス』」


に出演される3人が、
PRのため静岡に来てくださいました!



続きを読む >>
演劇 : 10:05 : comments(0) : trackbacks(0) :
Page: 1/2   >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link