「気持ちは色に出るらしい」【公演会場にて色シールを貼ってみましょう】

今年度の「グランシップ年間イベントカレンダー」の表紙に、『気持ちは色に出るらしい』という表記があるのをご存じでしょうか。

グランシップで行われる公演をごらんになる前の気持ちと、鑑賞後の気持ちを9色の色で表現していただき、年間イベントカレンダーや会場内のロビーにあるコーナーに色のシールを貼ってもらう企画です。

色には、その人の心理状態を表すことができるようで、文化芸術に触れた後に気持ちや心の変化があるのかを知れたら面白いなと言う事で実施しています。

自分が感じた色と、他の人が感じた色が異なるということに気づくのも良い機会かと思います。

 

7/31に実施した「子供のためのシェイクスピア『オセロー』」でも、シール張りを実施しました。

このときは、「Before」(観る前)にはオレンジ色が多く、次に緑色が多く選ばれました。

色彩研究所「エコール・ドゥ・クラージュ」の小島先生の診断によると、観劇することでリフレッシュできそうという期待感が表れる明るく楽しい色ということです。

次の緑色は、自然の色で安心感、信頼のおける作品ということが表れているようです。

もしかしたら、緑色は「オセロー」の色の影響もあるかもしれませんね!

 

グランシップ主催公演の際には、こんな風に誰でも自由に色シールを貼っていただけるコーナーをご用意しています。

各出前公演でも実施していますので、明日開催の「世界のこども劇場2016」<御殿場公演>でもどうぞ!

 

 

 

 



REPORT : 15:30 : comments(0) : trackbacks(0) :

グランシップ南側に庭園「桃源郷」が誕生。

2014年春に浜名湖ガーデンパークで開催された「浜名湖花博2014〜花と緑の祭典〜」で注目を集めた、世界的ランドスケープアーティストの石原和幸さんによる特別展示「Togenkyo」を覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この度、静岡県が「Togenkyo」のコンセプトを踏襲した庭園「桃源郷」をグランシップ南側に設置しました。
1月19日(月)には、県知事のほか、石原さん、ガーデン・デザイナーの吉谷桂子さんが参加し、記念碑の序幕式が行われました。



知事の挨拶の後、石原さんご自身に庭園を紹介していただきました。
庭園の立地から、富士山からの流れを思い描き、中央の渦巻きのレリーフは風、富士山によく似合う松は三保の松原のイメージとも重ねているという、世界遺産のエッセンスがちりばめられた庭園です。



こちらの庭園は、どの時期に観に来ても楽しめるよう、季節ごとの花が咲く工夫がされています。
グランシップへお越しいただく際は、どうぞご覧になってくださいね。






 


REPORT : 18:40 : comments(0) : trackbacks(0) :

12/20(土)バックステージツアー開催しました!

クリスマスも近づき、「グランシップ プレミアム・クリスマス・ジャズライヴ」が開催された日、グランシップのバックステージツアーを開催しました。

案内役は、グランシップサポーター。
中ホール前に集合した参加者のみなさんは、まず客席内へ。

なんと!特別に最前列でジャズライヴのリハーサルを少しだけ見学することができました。


目の前には、ジャズ界の巨匠、北村英治さんと前田憲男さんが音合わせ中。
たくさんの裏方スタッフが行き交い、最高のステージになるように調整中です。

その後、スタッフのみが利用するヒミツの通路を使って、舞台下のオーケストラピットの脇の通路を通ったり、舞台の仕組みなどを解説しました。

そして、調光室に入り、照明の機材などを見学。


また、3階ロビーの天井は6階交流ホールの床部分になっている事などを紹介しました。

ホールが浮いているということにみなさん驚いたようです。
グランシップは耐震構造ですので、地震の際もご心配なく。

最後には広ーい大ホールに入り、その天井の高さなどを体感していただきました。


ご参加された方にはおみやげでハンドタオルをプレゼント。
リハーサルを見学してからの、本番のジャズライヴはいかがでしたでしょうか。

不定期ですが、バックステージツアーは開催されますので、ぜひチェックしていてくださいね!


REPORT : 13:00 : comments(0) : trackbacks(0) :

中学生約2500人が本格的なクラシック音楽を鑑賞♪

12月10日(水)・11日(木)、グランシップでは「中学生のための音楽会」を開催し、2日間にわたり県内約2500名の中学生のみなさんが、本格的なクラシック音楽のコンサートを体験しました。
学生さんの中には生でクラシック音楽を聴くのが初めての方もいらっしゃったのではないでしょうか?

今回の指揮は、現在イタリア・ヴェネツィア在住でヨーロッパのコンクールで受賞歴を持つ三ツ橋敬子さん、
管弦楽は新日本フィルハーモニー交響楽団の皆さんという豪華な組み合わせ。

曲目は、フンパーティンクのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」序曲、ムソルグスキーの「展覧会の絵」が演奏されました。
「展覧会の絵」は、グランシップのお隣にあるSPAC(静岡芸術劇場)の俳優・阿部一徳さんのナレーション付き(落ち着いていて良い声!)で、「展覧会で、絵をひとつひとつ見ながら歩いている」というスペシャルな趣向でお届けしました。

指揮者の三ツ橋さんは、小柄ながら力強く颯爽とした指揮で音楽を作り出します。


また、解説では明るくパワフルな語り口で曲について語っていただきました。


1時間というコンパクトなコンサートでしたが、中学生のみなさんが劇場という空間に興味を持つきっかけとなればと思いました♪

グランシップでは、中高生にもっと文化・芸術に触れていただくため、舞台芸術・音楽公演が無料で鑑賞できる「中高生招待事業」を実施しています。もっと舞台を見てみたくなった中高生のみなさんはこちらもどうぞ!
(先着順なので気になる方はお早めに!)








 


REPORT : 19:52 : comments(0) : trackbacks(0) :

バックステージツアーを開催しました!

グランシップはおかげさまで、12月1日より再オープンを迎えることができましたき
その前日11月30日(日)には、再オープン前の館内を案内付きで見学する「バックステージツアー」を開催しました。

           大ホール・海の様子。ショーの会場のような照明でお迎えしました。



               
当日はオープン前ということで、グランシップにあるすべてのホールをご覧いただくことができるという、かなり珍しい機会ということもあり、多くの方にご応募いただきました。
参加者の方からは「舞台裏や楽屋を見られて楽しかった。」「説明も分かりやすく楽しかった。」と好評でした。

次回のバックステージツアーは今月12月20日(土)15:00から実施します。
こちらは全館をご覧いただくことはできませんが、20日(土)夕方から中ホール・大地で開催する、「グランシップ プレミアム・クリスマス・ジャズライヴ」の準備中の風景をちょこっとご覧いただけるという
スペシャルな内容となっています!

こちらは現在参加者募集中ですので、前回ご都合が合わなかった方も、準備中の舞台の様子をちらっと見てみたい方も、是非お気軽にご参加ください。(申込はコチラから。)










 


REPORT : 19:00 : comments(0) : trackbacks(0) :

グランシップ クリスマスツリー点灯式を行いました!

12月1日(月)のグランシップ再オープンを控え、本日11月30日(日)にクリスマスツリー点灯式を行いました。
夕暮れ時にさしかかる頃、多くのお客様にお集まりいただく中、点灯式は行われました。
カウントダウンと同時に輝き出すツリーに、会場は拍手に包まれました。

         ツリー点灯は静岡豊田幼稚園のミニサンタさんたちがお手伝い♪

ツリー点灯後のロビーコンサートでは、常葉大学教育学部附属橘小学校5年生の石川千紗さんによるピアノ演奏と、
静岡英和女学院音楽部のみなさんによる合唱が披露されました♪

          石川さんはクラシックのピアノ曲を演奏。優雅な雰囲気。


クリスマスらしい曲目と、ライトアップされたツリーで会場内はクリスマスムードでいっぱいに。

多くのみなさまにお楽しみいただけたクリスマスツリー点灯式となりましたクリスマスツリーき
ツリーは12月25日(木)までご覧いただけますので、ぜひご来場くださいね。
 


REPORT : 22:53 : comments(0) : trackbacks(0) :

第35回静岡県学生音楽コンクール予選会が行われました!

6月28日(土)・29日(日)の2日間に渡り、グランシップ地下リハーサル室にて、「第35回静岡県学生音楽コンクール」(主催/静岡県音楽コンクール委員会)の予選会が開催されました。

28日(土)は管楽部門・弦楽部門・声楽部門が、29日(日)はピアノ部門の審査が行われました。
演奏前の参加者の皆さんの真剣な表情に、今回のコンクールにかける熱意が伝わってきました!
予選会の審査結果は明日6月30日(月)の静岡新聞朝刊に掲載予定です。

本選会は8月16日(土)に静岡市民文化会館・中ホールで行われます。
こちらは一般公開(事前予約不要・入場無料)となっておりますので、若き音楽家たちの緊張館溢れる演奏を、是非会場で味わってください!

お問い合わせ先:静岡新聞社・静岡放送事業部
       TEL054−281−9010(平日9:00〜17:00)


REPORT : 19:08 : comments(0) : trackbacks(0) :

音楽の広場オーケストラ練習 本格的にスタートしました!

 今日6月22日(日)からグランシップのインターンシップに参加させていただく常葉大学外国語学部の山本実咲です。常葉大学からは私のほかに6人が参加させていただきます。この7人で「音楽の広場」のREPORTブログを順番に担当させていただきます。今回は私たちインターンシップ生の目線から練習風景を紹介していきたいと思います!よろしくお願いします。



続きを読む >>
REPORT : 22:18 : comments(0) : trackbacks(0) :

5月25日(日)音楽の広場2014 合唱音取り練習

「音楽の広場合唱団」練習開始!!
今日、5月25日(日)に音楽の広場合唱団の今年初となる練習がありました。
今日の練習は昨年に続き今年も合唱指導の浅井隆仁先生にご指導いただきました。

まずは体をほぐす体操で、発声のための準備をします。
背伸びをしたり首を回したりすることで、体をリラックスさせます。
この間も浅井先生のユニークかつ的確な指導が入ります。

その後の発声練習では、声の出し方・声を出す方向などをイメージしながら行います。
下から声を出すよりは、上から響いていくようなイメージで声を出すことが大事のようです。

実際の曲の練習では、今回は「フィンランディア」他の練習をしました。
今日は第1回目なので、1パートごと取り出して音を確認していきます。
地道な練習ですが、各パートの声が重なり合った時のハーモニーが楽しみです。

今年もオーケストラだけでなく、合唱も盛りだくさんになりそうで、今から本番が楽しみですね。

「グランシップ音楽の広場2014 in Fuji」はチケット発売中です。
良い席はお早めにお求めください。(会場は富士市文化会館ロゼシアターです。)



REPORT : 17:08 : comments(0) : trackbacks(0) :

演劇ワークショップ@白浜小学校!

5月22日(木)、下田市立白浜小学校4・5年生のみなさんが、
「子供のためのシェイクスピア」カンパニーの俳優さんたちとワークショップを行いました。

今回のワークショップは、県内各地の人たちに芸術文化に触れていただく機会を提供するというアウトリーチ事業の一環として、下田市立白浜小学校で実施することとなりました。
この演劇ワークショップを通して、生徒さんたちに自分の気持ちを表現することの楽しさを体験していただきたいと思います。

当日の下田は良いお天気。
白い砂浜が続く海岸に、役者さんたちのテンションも上がります。
白浜小学校は海を見下ろす高台にあります。

お昼休みの後、4・5年生の生徒さんたちが体育館に集まると、まずは講師の紹介。
今回の講師は、山崎清介さん、若松力さん、長谷川祐之さんです。



軽いストレッチのあと、「手つなぎ鬼」をしました。
鬼にタッチされたら、手をつないで鬼に加わるというもの。
鬼がどんどん増えていくので逃げる側は必死です。



ルールを理解したら頭と体を使って「どうしたらいいか」を考える、これも演劇の要素のひとつ。
スポーツや普段の遊びの中で自然とやっていることですね。

ゲームの後、山崎さんは、感情表現する時に生まれる「恥ずかしさ」について、
「自然なことで、あっていいもの。それをどうやって乗り越えていくかが大事。」と語りかけます。
ほっとした表情の生徒さんもいました。大人にも響く言葉です。

次に行ったのは、手をつないで大きな輪になり、握る手に力をいれたり、手を叩いたりして、
隣の人に信号を伝えていくというもの。言葉を使わなくても十分伝わるものですね。





休憩をはさんで、最後に行ったのは「目隠し鬼」。
眼隠しした二人をガードマンと泥棒に見立て、ガードマンが泥棒を捕まえるというもの。
捕まりそうになったら、他の生徒さんたちが声を出して教えてあげるのですが、
生徒のみなさんたちの元気いっぱいの歓声に、講師陣も圧倒されていました!





はじめはやや緊張気味だった生徒さんたちでしたが、最後には大盛り上がりで終了しました!
ワークショップ終了後には、たくさんの生徒さんから手が挙がり、「またやってみたい。」、「楽しかった。」という感想をいただきました。
ワークショップは終わりましたが、これからも表現すること・伝えることを楽しんでいただけたらと思います。

 


REPORT : 16:59 : comments(0) : trackbacks(0) :
Page: 1/12   >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link