約1ヶ月ぶりの能楽のおけいこ。

7月の終わりからお休み期間に入っていた「わくわく能楽教室」。

夏休みも終盤ということでお稽古を再開しました。

まずは謡から。

伸ばして声を出すところや、歯切れよく歌うところなど、細かいところを気をつけながら練習。

1ヶ月ぶりということで、ちょっと忘れてしまった人もいたようですが、丁寧に練習しました。

 

そのあとは、仕舞「老松」。

ひとつひとつの動きに注意しながら実施しました。

 

9/24の「グランシップ静岡能 能楽入門公演」まで、まだまだお稽古を積み重ねて、お客様の前できちんと舞台に立てるよう練習します。

 

 

9/24(土)14:00〜「グランシップ静岡能 能楽入門公演」

 全席1,000円 残席わずか。

ご購入はお早めにどうぞ。

http://www.granship.or.jp/event/detail/1420

 

 



能・能楽 : 11:59 : comments(0) : trackbacks(0) :

「グランシップ ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル2016」開催しました!

グランシップ真夏の恒例イベント「ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル2016」、今年も多くのお客様にご来場いただきました。

 

その前日、13日(土)に第2回目となるジャズクリニックを開催しました。

年代や職業、住んでいる地域も様々な受講生たち。この日は、翌日に控えた公演でオープニング演奏を飾るということもあり、いつにも増して練習に熱が入ります。

プロのジャズミュージシャンから直接指導を受けられるこのクリニック、受講生たちからは、

「やや難しいが、レベルアップできた。」

「細かい奏法や、微妙なニュアンスを教えてもらえた。」

「プロが目の前で演奏しながら教えてくれるのでわかりやすい。」などの声をいただきました。

 

そして、ステージリハも。本番さながらの舞台で気分も盛り上がります。

 

そして、本番日当日。

この日も朝から練習を重ねた受講生たちは、「グランシップ ジャズクリニックオーケストラ」としてオープニングを飾りました。

講師の奥田“スインギー”英人さんの指揮で、練習の成果を発表!

受講生たちはプレッシャーにも負けずオープニング演奏の務めを果たしました。

勢いがついたところで、老舗ビッグバンド「飯田英憲とフレッシュメンジャズオーケストラ」が登場。

 

その後も県内各地から集結したジャズバンドが続々登場!様々なスタイルの演奏を披露しました。

 

「スーパー・ブラス・オーケストラ」

 

「ジャズ・リバース・オーケストラ」

 

静岡大学の学生による「スタンダードハーモニージャズオーケストラ」

 

「沼津燦々ジャズオーケストラ」

 

「ザ・スイング・ハード・オーケストラ」

 

「TAKE HEART BEAT」

 

「Time Out Jazz Orchestra」

 

「浜松リハーサル・ジャズ・オーケストラ」

 

「浜松リハーサル・ジャズ・オーケストラ」の演終了後、各団体の奏者がステージ上に現れ、「In the  Mood」を演奏。

客席も一体となって盛り上がりました。

楽しげな様子で帰っていくお客様の姿が印象的でした。出演者のみなさんもおつかれさまでした!

 

グランシップでは、2月に高校生がジャズを演奏する「グランシップ ハイスクール・ジャズ・フェスティバル2017」を、大ホール・海で開催します。華やかなステージで高校生達が活躍するこちらもぜひお楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



- : 12:12 : comments(0) : trackbacks(0) :

【グランシップ出前公演】「世界のこども劇場2016」(掛川・菊川・御殿場公演)も終了!

8/4〜6にグランシップで開催した「グランシップ世界のこども劇場」。

翌週は「グランシップ出前公演」として、8/10は掛川美感ホールで「黄色いクツ下の夢」、

8/11は菊川文化会館アエルで「ぼくはグジグジ」、

8/13は御殿場市民会館で「黄色いクツ下の夢」と「ぼくはグジグジ」を上演しました。

各会場では、ホール周辺の中学生がボランティアで参加してくれたり、ホール独自のワークショップを付随させたりと

お客様が楽しく過ごせるための工夫がありました。

各公演のカンパニーも、完璧なパフォーマンスを披露するために様々な用意をして取り組みました。

 

はじめて世界のパフォーマンスに触れる子どもたちも多かったかと思いますが、驚きながらも声を出して反応したり、

真似をしてみたりと色々な感情があふれた時間になったようでした。

言葉のないパフォーマンスは、世界共通で楽しめるもの。その楽しむ能力は、大人よりもこどもたちの方が長けているのかもしれません。

 

来年の夏も、素敵な作品をご用意してお待ちしております。次の出前公演はあなたの街へお邪魔するかもしれません。

お楽しみに!!

 



こどもイベント : 19:16 : comments(0) : trackbacks(0) :

熊本地震に対する義援金の報告とお礼

平成28年4月14日に発生した熊本県熊本地方を震源とする地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

この災害で被災された方々を支援するため、公益財団法人静岡県文化財団では、5月に行われた自主企画事業「グランシップこどものくに」・「グランシップトレインフェスタ2016」において義援金活動を実施し、義援金額が総額13,493円になりました。
お預かりしました義援金は、あしなが学生募金事務局を通じて「熊本地震緊急支援募金」へ寄付をいたしました。
たくさんのご支援をいただきありがとうございました。

 

一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

 

 



- : 16:07 : comments(0) : trackbacks(0) :

「気持ちは色に出るらしい」【公演会場にて色シールを貼ってみましょう】

今年度の「グランシップ年間イベントカレンダー」の表紙に、『気持ちは色に出るらしい』という表記があるのをご存じでしょうか。

グランシップで行われる公演をごらんになる前の気持ちと、鑑賞後の気持ちを9色の色で表現していただき、年間イベントカレンダーや会場内のロビーにあるコーナーに色のシールを貼ってもらう企画です。

色には、その人の心理状態を表すことができるようで、文化芸術に触れた後に気持ちや心の変化があるのかを知れたら面白いなと言う事で実施しています。

自分が感じた色と、他の人が感じた色が異なるということに気づくのも良い機会かと思います。

 

7/31に実施した「子供のためのシェイクスピア『オセロー』」でも、シール張りを実施しました。

このときは、「Before」(観る前)にはオレンジ色が多く、次に緑色が多く選ばれました。

色彩研究所「エコール・ドゥ・クラージュ」の小島先生の診断によると、観劇することでリフレッシュできそうという期待感が表れる明るく楽しい色ということです。

次の緑色は、自然の色で安心感、信頼のおける作品ということが表れているようです。

もしかしたら、緑色は「オセロー」の色の影響もあるかもしれませんね!

 

グランシップ主催公演の際には、こんな風に誰でも自由に色シールを貼っていただけるコーナーをご用意しています。

各出前公演でも実施していますので、明日開催の「世界のこども劇場2016」<御殿場公演>でもどうぞ!

 

 

 

 



REPORT : 15:30 : comments(0) : trackbacks(0) :

「グランシップ世界のこども劇場2016」終了しました。

夏休み恒例となった「グランシップ世界のこども劇場2016」が本日で終了しました。

「子供のためのシェイクスピア『オセロー』」を皮切りに全17ステージが実施されました。

今日は土曜日ということもあってか、お父さんとお子さんという組み合わせも多く見られました。

 

「グランシップ世界のこども劇場」は、私たちが普段見慣れている劇場の使い方を少し変更し、客席がカーペットと組み合わされていたり、小さな子どもたちでも見やすくなっています。

パフォーマーのエネルギーを間近で感じることのできるこの公演ならではの特権。

子どもたちは、おもしろい場面になると前のめりになって、暗くなったりちょっと怖い場面になるといつのまにか後ずさりしていたりと、無意識に身体で反応している様子でした。

 

ロビーでも、様々な国の留学生が教えてくれる遊びで楽しんでいるようでした。

 

7回目を迎えた「グランシップ世界のこども劇場」。

 毎年年欠かさず来場してくださるご家族もいらして、年々大きくなっていく子どもたちに驚かされながらもうれしく思います。

来年も、世界各国から上質で魅力的な作品をお届けできるよう、がんばります!

 

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



- : 20:16 : comments(0) : trackbacks(0) :

8/5(金)音楽の広場オーケストラリハーサルを行いました。

こんにちは。インターンシップでお手伝いさせていただいています、静岡産業大学の望月那津美です。今日は音楽の広場の会場の準備も整い、大ホールで本番に向けオーケストラのリハーサルが行われました。

合奏に合わせて照明の演出も加わることで、より本番に近い練習になり、見ていて私も本番ではどのような演出になるのか楽しみになりました。

練習では、会場が大きい分楽器の音も大きくなければいけないという指摘がありました。音量が増す分、合奏に強弱がつき、より迫力も増し聴き入ってしまいました。
休憩中にも音出しをしている方が多く、オーケストラの方々の、成功させたいという気持ちを肌で感じました。

いよいよ明後日に迫る本番に向け、私たちも全力でサポートしたいと思います。


 



- : 23:08 : comments(0) : trackbacks(0) :

子供のためのシェイクスピア『オセロー』を開催しました。

多くの学校で夏休みに入り、7月最後の日曜日に「子供のためのシェイクスピア『オセロー』」を中ホール・大地にて上演しました。

小学生から大人まで幅広い層に人気の本シリーズ。

今回も、ロビーではこれまでの「子供のためのシェイクスピア」シリーズで実際に使用された衣裳の展示試着コーナーをご用意しました。

大人も、子どもも、シェイクスピア作品の登場人物になった気分で楽しく写真撮影していました。

 

もちろん「オセロー」の作品もご来場にみなさんにお楽しみいただいた様子でした。

俳優たちの迫真の演技を生の舞台で触れるという事は、子どもたちにとってもこの夏の思い出になったことと思います。

シェイクスピア作品を子どもでも楽しめるように作られたこの舞台。

シリーズ開始のときは子どもだった人が、今は大人になって継続的に鑑賞してくれている様子も見受けられます。

 

来年も、グランシップで上演できよう、準備を進めていきます。

お楽しみに。

 

 



演劇 : 14:23 : comments(0) : trackbacks(0) :

「音楽の広場」合唱練習を行いました!

静岡産業大学の鈴木ゆきのです。

本日は「グランシップ 音楽の広場2016」の合唱練習を交流ホールで行いました。

受付業務の合間を縫って、練習を見学させて頂きました。

以前練習を見学したときよりも、体を動かし、前を向いて歌っていらっしゃる方が増えたように感じました。歌声がホールに響き渡り、とても美しいと感じました。
また、時々指揮者の先生方のユーモアが入り、ホールの雰囲気が和やかになりました。


出演者の方の楽譜を拝見する機会がありました。楽譜にはたくさんの書き込みがあり、真剣に取り組んでいらっしゃることが伝わりました。


明るく楽しいだけではなく、真剣に取り組んでいらっしゃる姿はとても魅力的だと思います。本番も明るく楽しくかっこよく成功するといいなと思いました!

 



- : 21:47 : comments(0) : trackbacks(0) :

「ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル」出演団体ミーティングを行いました。

「大空間でジャズを聴ける!」、「こどもも大人も、家族みんなで気軽に音楽を楽しめる♪」、「ビールを飲みながらジャズを満喫できる♪」と毎年大好評の「グランシップ ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル2016」、今年は8月14日(日)に開催します!

今回は県内全域より精鋭9団体がステージで演奏を披露します。

 

本日はその出演団体の代表がグランシップに集合し、ミーティングを行いました。

 

演奏する曲のイメージに合った演出や、機材や音響について、グランシップの技術スタッフも交えて確認。

また、各バンドで持ち回りで行う係についても話し合いました。

 

 

それぞれのバンドの持ち味を楽しめる舞台になりそうです!

 

グランシップ ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル2016」のお得な前売券は現在好評発売中です!

 

 

 

 

 

 

 

Check


- : 18:26 : comments(0) : trackbacks(0) :
Page: 1/105   >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

Entry

Comment

Archives

Category

Link